link    write  admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

現実か?とおもうとき

photo20091126 002
マイケル・ジャクソン!?

後光さす愛猫の写真を撮ったらなんかすごい、
キリストかスターか?みたくなった

猫てのは陽だまりの中に棲む生きものだな


photo20091126 001
元町ひとまわりしてきた

父が英会話のテキストを忘れたというので届けがてらぶらり元町。素敵タウン元町をひさびさに歩いているうち、「そうだわたしは“横浜”に住んでるんだった!」と思い出す。ここひと月、小さな丘の上の団地3LDK+ベランダ+インターネットだけが全宇宙になっていた。ないない、もったいない。行ってきますから30分もしないで元町・中華街・みなとみらいに行けるのだ。行きなさいよ。

「元町中華街駅からアメリカ山が直結!」というニュースを聞いていたので、行ってみた。写真はそこからのマリンタワー。

元町の街並みが好き。だけど素敵な雑貨屋がもっと増えたらうれしいんだけどな。


Stand by U(DVD付)(ジャケットA)

「あれって国会議事堂?」
「え、どれ?あの赤いやつ?」
「どうでもよくない?」

あまりにヤな事態に陥ってうじうじしているとき・・・ふと我に返って、でも世界はいつもと同じ平穏な空気が流れていると気づいたとき、今いちど渦中にあるバッドな事態を思い起こして「ホントに現実か?」と疑うときがある。でもそのサイテーサイアクなこともチュンチュン鳥が鳴いてる戸外も、どちらも現実だ。がーーーんってなるよね、その差を完璧に認識しちゃったとき。

そんなことをね、今夜の歌謡祭の東方神起みてまた思った。夏ぶり5人な彼らに半泣きするほど嬉しいのに、笑顔のない神妙な態度の彼らに完全に不安にさせられる。

本気でまるまる笑うのこそ、生きる意味だろう。と思う。


満面笑うために生きてんだ少なくともわたしは!だから東方神起も!ファン(韓国ではペンという)も5人の笑顔をチョー祈願してるよー(わたしもいつのまにかファンのつもり)。
スポンサーサイト
23:58 | 芙蓉ノート | comments (0) | edit | page top↑
椅子が届いた | top | チカチカ山

Comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。